IP電話サービス
 
Q & A
 
■サービス内容に関するご質問
 
★どこにでもかけられますか?

●国内の固定電話への通話
「アサマIP-Phone」から、ほとんどすべての一般の固定電話に電話をかけることができます。

※ただし、110番、119番などの1からはじまる3桁の特番(184を除く)は、NTT東日本・NTT西日本等とご契約の加入電話からの発信となります。 IP電話端末から自動的にご契約の加入電話を利用しますので、お客様の使い方はこれまでと同じです。
※その他の特番への通話についてはこちらでご確認ください。

●国際電話
可能です。国際通話であることを示す「010」を最初にダイヤルし、それに続けて相手の国番号と国内番号をダイヤルしてください。 国際電話の通話料金はこちらでご確認ください。

●携帯電話やPHS
「アサマIP-Phone」ではおつなぎできませんが、NTT東日本・NTT西日本等とご契約の加入電話から発信します。 IP電話端末から自動的にご契約の加入電話を利用しますので、お客様の使い方はこれまでと同じです。なおこの場合はマイライン、マイラインプラスで登録している事業者の通話料がかかります。また、つながるまでの時間を短縮したい方は、ダイヤルの最初に「0000」をダイヤルしていただければ、接続時間を短縮することができます。

 
★通話品質は大丈夫ですか?
G.711無圧縮の64kbpsコーデックで実現したキレイな音質で通話をお楽しみいただけます。
なお通話品質については万全を期しておりますが、ネットワークの状況やお客様のご利用環境、ブロードバンド回線の回線状況などによって品質が劣化する場合があります。回線速度やインターネットのご利用状況によってIP電話の音質に影響がでる場合があります。 特にファイルサイズの大きいファイルをダウンロードまたはアップロードしている場合やストリーミング映像をご覧になっている場合などは、一時的に音質が低下する可能性があります。
 
★電話機は変える必要がありますか?
そのままご利用いただけます。
ただし、ホームテレホン電話機など、一部ご利用いただけない機種もありますので、お申込の際に電話機メーカーおよびIP電話端末を提供するNTT東日本・NTT西日本等へお問合せください。
なお、IP電話端末に接続している電話機のACR・LCR等の機能が動作している場合には、IP電話が使用できない場合がありますので、電話機のACR・LCR等の機能はスイッチを切って機能を停止させてご利用下さい。
 
★ファックスは使用できますか?
IP電話サービスではFAXが正常に送信されない場合があります。FAXを確実に送信するためには、電話番号の先頭に"0000"(ゼロ4つ)をつけてNTT東日本・NTT西日本等とご契約の加入電話から発信してください。なお、この場合はマイライン、マイラインプラスで登録している事業者の通話料がかかります。
 
★キャッチホンは利用できますか?
NTT東日本・NTT西日本等とご契約の加入電話で通話中に、加入電話網から加入電話への着信があった場合には、加入電話としてのキャッチホンサービスをそのままご利用になれます。

「アサマIP-Phone」で通話中に、加入電話網から加入電話への着信があった場合には、 IP電話端末の機種 およびIP電話端末での設定により「擬似キャッチホン機能」が動作する場合があります。詳しくは、ご利用になるIP電話端末の取扱説明書を必ずご確認ください。(※ 一般的には『IP電話端末での擬似キャッチホン機能が有効になっている場合に、「プルルプルル、プルルプルル、」等の第二割り込み音が聞こえるので、フッキングをして「アサマIP-Phone」での通話を切断すれば、加入電話網からの着信に加入電話として応答することができる』仕組みになっていることが多いようです。)
 
★パソコンでインターネットを利用中でもIP電話は利用できますか?
ご利用いただけます。
ただし、回線速度やインターネットのご利用状況によってIP電話の音質に影響がでる場合があります。 特にファイルサイズの大きいファイルをダウンロードまたはアップロードしている場合やストリーミング映像をご覧になっている場合などは、一時的に音質が低下する可能性があります。
 
★IP電話から発信した場合に、発信者番号通知はできますか?
「アサマIP-Phone」のご利用者間、または提携IP電話サービスのご利用者間において050番号から050番号へ発信した場合には、050番号が発信者番号として「通知」されます。

「アサマIP-Phone」のご利用者が、050番号から一般固定電話へ発信した場合には、050番号が発信者番号として「通知」されます。

【186をつける場合:2003年10月23日以降のIP電話端末ファームウェアを更新しない場合】
・「186」をつけて一般の固定電話の電話番号をダイヤルした場合には、一般の加入電話からの発信となり、加入電話の電話番号が「通知」されます。

【186をつける場合:2003年10月23日以降のIP電話端末ファームウェアを更新した場合】
・「186」をつけて一般の固定電話の電話番号をダイヤルした場合には、050番号からの発信となり、050番号が「通知」されます。

【184をつける場合】
・「184」をつけて一般の固定電話の電話番号をダイヤルした場合、または、「ぷららフォン for フレッツ」や提携インターネットプロバイダが提供する提携IP電話サービスの050番号をダイヤルした場合には、050番号で発信し、050番号は「非通知」となります。

 
★固定電話や公衆電話から「アサマIP-Phone」にかけることはできますか?
はい。可能です。

NTT東日本・NTT西日本の一般固定電話から「アサマIP-Phone」の050番号にかけた場合の通話料金はNTT東日本・NTT西日本から請求されます。

公衆電話からかけた場合、お客様電話端末のディスプレイには「非通知」「ヒツウチ」などと表示されます。

(IP電話においては、プロトコルの仕様上、非通知理由を通知することができません。 このため、発信者番号を通知しない通話については、一般固定電話で「非通知」を選択している通話であるか、 公衆電話からの通話であるかに拠らず、お客様電話端末のディスプレイには一律「非通知」と表示されます。 )
 
■契約に関するご質問
 
★アサマIP-Phoneの契約には何が必要ですが?
アサマインターネットのフレッツADSLサービス、Bフレッツサービスをご利用いただいている必要がございます。

フレッツADSLサービス、Bフレッツサービスのご契約者は“全て”ご利用開始と同時に、「アサマIP-Phone」の登録申請が可能となります。

尚、IP電話対応機器は別途NTTとご契約いただく必要がございます。
IP電話対応機器をレンタルされる場合は、弊社よりNTTへお取り次ぎいたhします。
 
★IP電話対応機器がまだ入手できていませんが、「アサマIP-Phone」の登録申請はできますか?
「アサマIP-Phone」の登録申請や「IP電話対応機器の設定(自動ダウンロード)」は、必ずNTT東日本・NTT西日本から「IP電話対応機器」を入手した後に行ってください。
NTT東日本のページ
NTT西日本のページ
★フレッツADSL、Bフレッツのコース変更による手続きは?
必要ございません。
変更前と同様にお使いいただけます。
 
★解約手続きは?
登録申請を行った同月の解約はできません。
翌月以降での解約申請はこちらからお手続きをお願い致します。解約申請の約30分後に「アサマIP-Phone」の「050」ではじまる電話番号等IP電話はご利用できなくなります。ご了承ください。
 
■ご利用料に関するご質問
 
★一般の加入電話と「アサマIP-Phone」のどちらで接続しているか?
通話先の電話番号へ発信した時の発信音とIP電話端末のランプの点灯表示や点灯する色によりご判断いただけます。表示方法等はIP電話端末によりことなりますので、IP電話端末の取扱説明書をご覧ください。
 
★「アサマIP-Phone」のご利用料支払いは?
「アサマIP-Phone」のご利用料は、アサマインターネットのご利用料に合算してご請求させていただきます。
 
■電話番号・電話のかけ方・受け方に関するご質問
 
★050で始まる電話番号はどの様に決まるのですか?
「アサマIP-Phone」にお申込いただきますと、お手続きの際に、「050」ではじまる「アサマIP-Phone」のお電話番号候補が3つホームページ上に表示されますので、その中よりお選びいただくことができます。また、3つの候補につきましては、一定期間(2週間)は同じ電話番号が表示されます。
 
★引っ越しした場合「アサマIP-Phone」の電話番号は変わりますか?
「アサマIP-Phone」の「050」ではじまるお電話番号は、日本国内でお引越しされた場合であれば、電話番号を変更することなく、そのまま継続してご利用いただけます。

また、ご利用されているIP電話端末の『市外局番』欄に、引越し前の市外局番が設定されていますので、 IP電話端末の設定変更画面にて、引越し後の市外局番を『市外局番』欄へ、手動で設定変更して下さい。 IP電話端末の設定変更画面へのログイン方法につきましては、お手元のIP電話端末の取扱説明書をご参照下さい。
 
★電話のかけ方と受け方はどうなりますか?
「アサマIP-Phone」から国内の一般の固定電話へ電話をかける場合は、市外局番からダイヤルしてください。同じ市外局番の方におかけになる場合も、「0」からはじまる市外局番からダイヤルしてください(IP電話端末によっては、設置されている場所の市外局番がIP電話端末に正しく設定されている場合に、同一市外局番への発信の場合に市外局番を省略することが可能です。詳しくは、ご利用になるIP電話端末の取扱説明書でご確認ください。)。

かかってきた電話は、これまでどおり受けることが出来ます。

IP電話端末に接続されている電話機から、一般の加入電話として電話をかける場合は、電話番号の先頭に"0000"(ゼロ4つ)をつけてダイヤルしてください。NTT東日本・NTT西日本等とご契約の加入電話から発信します。なおこの場合はマイライン、マイラインプラスで登録している事業者の通話料がかかります。
 
■トラブルに関するご質問
 
★電話がかけられない。

以下をお確かめ下さい。
・ 配線はちゃんとつながっていますか?接続方法は、IP電話端末の取扱説明書をご覧下さい。

・電話機の異常・故障ではありませんか?一旦、電話線をはずし、壁のモジュラージャックに接続して、電話が使えるか確認してみてください。

・ADSLモデムの電源が入っていますか。

・「アサマIP-Phone」のためのIP電話端末の設定に間違いはありませんか。 接続方法は、IP電話端末の取扱説明書をご覧下さい。

・インターネットには接続していますか?

・同じ市内におかけになる場合も、「0」からはじまる市外局番からダイヤルしてください(IP電話端末によっては、設定により省略できるものもございます。)。

 
★電話をかけた時、雑音が入る。
「アサマIP-Phone」では、接続の際に、相手先のIP電話端末により、プツッという音が聞こえる場合がございますが、故障ではございません。
その他、通話中に雑音が入る場合は、回線品質の一時的な低下の影響と思われます。一旦電話をお切りになり、しばらくしてからおかけ直しください。
 
★同じ市外局番の方に電話したのに、電話がかからない。
「アサマIP-Phone」から国内の一般の固定電話へ電話をかける場合は、同じ市内におかけになる場合も、「0」からはじまる市外局番からダイヤルしてください(IP電話端末によっては、設置されている場所の市外局番がIP電話端末に正しく設定されている場合に、同一市内への発信の場合に市外局番を省略することが可能です。詳しくは、ご利用になるIP電話端末の取扱説明書でご確認ください。)。
 
★ダイヤルした後に、数秒間何も聞こえない時がある。
「アサマIP-Phone」の場合、一般加入電話よりも接続に時間がかかる場合がございますが、故障ではありません。
なお、携帯電話等へおかけの際、ダイヤルの最初に「0000」をダイヤルしていただければ、接続時間を短縮することができます。なおこの場合はマイライン、マイラインプラスで登録している事業者の通話料がかかります。
数十秒以上無音が続くようでしたら、回線品質の一時的な低下の影響と思われます。一旦電話をお切りになり、しばらくしてからおかけ直しください。



案内ページに戻る 1つ前に戻る